年齢を重ねていくとどうしても肌の水分や乾燥が気になるものですよね。男性の場合は、毎朝の髭剃りをなんとなくルーチンワークのように闇雲にしている人も多いはず。しかし、正しい髭 剃り方を把握しておかないとせっかく剃った髭も剃り残しがあったり、お肌の乾燥やダメージを蓄積させてしまう恐れがあります。今回は、ヒゲの正しい剃り方をご紹介していきたいと思います。

 

1、髭を剃る前は、顔を温めよう!

髭を剃るときに、皆さんは主に朝行いますよね。ただでさえ時間がない朝にヒゲを剃るというのは大変邪魔臭く細かいことに気を使ってはいられないもの。しかし、肌への負担やシェーバーの刃の負担を減らそうと思うなら、髭剃りの前に顔のお肌を温めてみてください。ヒゲは、ぬるま湯や温かい水分を含んだタオルを当てて温めてあげることで、柔らかくなると特徴があります。ヒゲが柔らかくなってから、剃るようにすることで剃った後の肌への負担が軽減できるほか、硬いヒゲを剃るときに比べると柔らかくなったヒゲを剃る方がカミソリの刃に対する負担も軽減することができるようになります。
朝、起きたら際は、ぬるま湯で顔を洗顔しホットタオルでヒゲを剃る幹部を温めてから剃るようにしましょう。

 

 

2、朝起きて30分後にヒゲを剃るのがオススメ

朝は、顔がむくんでいると実感している人は意外と多くおられます。なぜ朝になると顔がむくむのかというと水分を摂りすぎたり、塩分、糖分を摂ることで体内に水分を溜め込もうとするため、翌朝顔がむくむという現象が起こりやすくなります。前日の夜にお酒を飲みすぎたり、夜食にラーメンやケーキなどを食べることで翌朝はむくみを引き起こしやすくなります。
男性の場合、顔がむくむことでヒゲが本来よりの位置に比べて深くに隠れてしまうため、せっかくシェービングを行なっても時間が経過すると顔のむくみが軽減され、本来の顔に戻ったときには、剃り残したヒゲが伸びた状態となってしまいます。
お酒を飲んだり、夜に甘いものを食べたくなるのもわかりますが、休日前など食べるタイミングをコントロールしながら食生活を管理していくことも髭剃りにも影響していることを認識して起きましょう。
むくんでいるときに強引に肌にシェーバーを押し当てて剃ってしまうと、肌の表面をカミソリの刃が接してしまい肌を傷つけてしまう恐れがありますので、無理な剃り方はしないようにしましょう。時間が経てばむくみは解消されますので時間に余裕を持って髭剃りを行うことが必要です。

 

 

関連記事

    None Found