どうせなら楽をしたい髭脱毛

髭の処理は、男性にとって永遠の悩み。
剃っても剃ってもすぐに伸びてきますから、いっそ脱毛しようかと考える気持ちは自然です。

ただ、毛抜きで1本ずつヒゲを抜くとなると大変な時間がかかります。
最近は男性向けの脱毛サロンが見られるようになってきたものの、元々女性向けというイメージがある中で利用しにくいという躊躇があっても仕方ありません。

そこで、楽に髭を処理するために塗るだけの脱毛クリームを使う方法があります。

 

脱毛クリームの種類

脱毛クリームという商品はいろいろと販売されていますが、大前提として残念ながら使用しても完全に毛根から毛が抜け落ちていくものではありません。

商品の種類は大きく除毛効果があるもの、抑毛効果があるものに分けられます。

 

・除毛

除毛とは毛穴から外に出ている部分の毛、つまり「見える部分」をなくすることであり一般的な「ひげそり」も該当します。

クリームを使う場合は、成分として主に配合されている「チオグリコール酸」が髭に作用します。
カルシウムとの塩であるチオグリコール酸カルシウムにたんぱく質を溶かす作用があり、髭を溶かして処理することになるのです。

より強力にする目的で、その他のアルカリ剤を配合しているものもあります。

ただし、毛根から肌の内側にある部分の毛はそのまま残ることになります。

 

・抑毛

抑毛とは毛が目立たないように細くしたり、すぐ生えてこないようにしたりすること。

クリームには、大豆に由来する「イソフラボン」などが主に配合されています。
イソフラボンには女性ホルモンの一種であるエストロゲンと近い作用があるとされていて、体毛が細くなっていく変化が認められています。

使い続けることで少しずつ毛質が変化していき、髭が目立たないようになっていくことが期待されます。

 

目的別で使い分ける脱毛クリームの種類

脱毛クリームの効果には除毛、抑毛という違いがあります。
特に抑毛は言ってみれば髭をなくすものではありませんから、何を重視したいかで髭脱毛に役立てたいところです。

・除毛クリーム
シェーバーやカミソリを使ったときに気になる剃り跡の青さを何とかしたいということであれば、除毛クリームがおすすめです。
肌に塗り込むことで肌の表面よりも少し内側までクリームの成分が浸透しますから、ヒゲ剃りをする場合と比べれば次に髭が生えてくるまでの時間が長くなりますし青さも目立ちません。

 

・抑毛クリーム
元から髭の処理が大変だった、肌が傷みやすいといった場合は抑毛クリームが良いでしょう。
総じて配合成分が除毛クリームと比較して肌にやさしいため、刺激にもなりません。(参照:脱毛 種類

 

 

関連記事

    None Found