男性ホルモンのテストステロンが活性化して分泌量が増えると、テストステロンは鼻から下の体毛を濃くする働きがあるため、髭がテストステロンの影響で濃くなってしまう傾向にあります。
つまり男性ホルモンが活性化しなければ、過剰にテストステロンが分泌しなくなります。
年と共にテストステロンは減少してしまいますが、その代わりにより強力な男性ホルモンのジヒドステロンが分泌するようになってしまいます。
年を取ると髪の毛は減るのに、髭が濃くなるのはこのジヒドステロンが関係しています。
男性ホルモンの働きを完全に抑えることはホルモンバランスに影響があることなので出来ませんが、過剰に分泌するような習慣を止めることで髭が濃くなることを予防することにも期待できます。

<生活習慣と男性ホルモン>

男性ホルモンの分泌と生活習慣というのは大きく関係をしています。
睡眠不足や不規則な生活をすると、自律神経のバランスが乱れてしまいますので、それが原因で男性ホルモンのバランスが崩れやすくなります。
ホルモンバランスを乱さないためには、できる限り規則正しい生活を心がけて、しっかりとまとまった時間眠ることが必要です。
質の良い眠りを摂るためにも、寝る前には入浴などでリラックスをしてその日のうちにベッドに入るようにすることが大切です。

生活習慣の中でも気をつけたいのがタバコです。
タバコを吸うことにより毒物が体内に溜まると、その毒物を体外に排出しようとして男性ホルモンが分泌するのです。
髭が濃いのが気になる時には、禁煙をしてみることも必要です。

<食生活と男性ホルモン>

また食生活も男性ホルモンに影響を与えます。
肉のうち赤身肉、鳥モモ肉はタンパク質が多く男性ホルモンに影響があります。
野菜のうちネギ、タマネギ、にんにくもテストステロンを活性化させやすいです。
男性ホルモンを気にするのなら、肉食の生活より野菜や魚中心の食生活が最適です。
さらに大豆食品は女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを多く含みますので、納豆や味噌のような大豆食品を積極的に摂るようにすることも大切です。
さらに男性らしいからだを作ろうと過剰なトレーニングを繰り返すことも関係しています。
負荷の高い筋トレをすることで男性ホルモンの分泌を促すため、ハードすぎるトレーニングは避けるべきです。
男性ホルモンの量は元々多い人少ない人がいますが、生活習慣を見直したり、食生活を改めることは髭が濃いのが悩みの場合には重要なことですね。

 

私が参考にしたのはここ⇒ 髭 濃い

関連記事


    ビキニや下着を履くとき、気になるのがVラインのムダ毛です。 Vラインにムダ毛があると、どうしてもはみ毛をするので、せっかく可愛いビキニや下着をつけても台無しです。 そのため、夏が始まる前に、Vライン脱…


    神奈川県横浜市にある脱毛ラボで脱毛しています。 去年友人に教えてもらって初めて脱毛サロンに行ったんですけど、良い意味でイメージと違ってました。   脱毛サロンだと最初に何十万円とかの契約を…


    キレイモはとても人気がある 板野友美さんで有名なサロンのキレイモは、とても人気があるサロンの一つです。 まだサロンでの施術をしたことがない私は、これからどこで施術をしようか迷っていますが、キレイモは第…


    理想の肌が希望なら、ムダ毛の処理回数を少なくすることが不可欠です。 カミソリでのケアや毛抜きを利用するお手入れは肌が受けるダメージを鑑みると、必ずしも良い方法とは言えません。 「痛みを堪えることができ…


    脱毛処理を茨城の脱毛サロンなどで行なってもらう場合には、 かなり様々なデメリットが生じてくると思うのですが、 私が考える脱毛サロンでのデメリットとしましては、 初めて脱毛サロンに行くというような場合…