良く日焼け止めを使っている人が気にするのが日焼け止めは重ね塗りして使った方が良いのかというのがあります。
確かになんとなく同じ日焼け止めを重ね塗りしても効果が増すとは考えにくいというのは分かります。
ですが実際は日焼け止めは重ね塗りした方が良いです。
なぜなら、日焼け止めは1回塗っただけではその肌を保護しきれないくらい膜が薄いからです。
なので、普通の医薬品とは違って日焼け止めは重ね塗りにして使った方がより高い日焼け止め効果があります。
確かに日焼け止めを塗る時はなんとなく1回だけ薄く塗れば十分な気もします。
ですが、実際は紫外線から肌を守ろうとした時は思った以上に多くの量を塗る必要があります。
その量はとてもじゃないですが、1回塗ったけでは足りない量です。
それはSPFの数値が高い日焼け止めを使っても同じ事が言えます。
いくら使う日焼け止めのSPFの数値が高くて紫外線から肌を守る効果が高い物を使ってもそれを1回塗っただけでは全然足りないないです。重ね塗りをしてようやくその効果を発揮してくれます。
なので、これまで日焼け止めを使う時に1回しか塗っていなかったという方はしっかり効果を実感するために重ね塗りをされる事をおすすめします。
それでシミやシワができないようになります。

ロスミンローヤルについて、詳しくはこちらも参考にしてください⇒日焼け止め 重ね塗り

関連記事